烈志笑魚油 麺香房 三く(福島)の評価・レビュー

三く

烈志笑魚油 麺香房 三くの詳細

福島区にある烈志笑魚油 麺香房 三くがうまいみたいなので寒いけど並ぶの覚悟で行ってきました!
店に駐車場はなく、店の前に止めると近隣の住民の方の迷惑になりますので近くのパーキングに止める必要があります。

お店の前の画像を撮り忘れたので、また今度撮りに行きます!

住所:大阪府大阪市福島区福島2丁目6−5

営業時間:11時39分~14時39分、18時39分~23時39分

メニュー表
三く 券売機

トロール・次郎の評価

注文した品
黒壺ラーメン(画像なぜかキラキラしちゃいました)
烈志笑魚油 麺香房 三く黒壺ラーメン
豚しょうがご飯
烈志笑魚油 麺香房 三く豚しょうがご飯
感想
人気店と聞いていたが誰も並んでおらずすぐに店に入ることができた。
店内に入ると異様な空気が流れていた。
これまで訪ねたどのラーメン屋も店内に入ってもほとんどの人が見向きもしなかったが、烈志笑魚油 麺香房 三くの客は他のラーメン屋とは違い、全員がこちらを見てきた。
まるで西部劇に登場するような悪党が集うバーに入った瞬間、客全員がこちらを見てくる状況だった。
食券を購入し席が空くまで座って待つことに。
店内を見渡すとカップルやおばさん集団、ゴルフクラブを持った客に、食べるのが遅いのか味わいながら食べてるのか、エリートサラリーマン風だが仕事が遅そそうな客、ゲロを吐くのを我慢している客など意味不明だった。

席に通されるとお通しがおいてある。
腹が減っていたのでとりあえずパクついた。
お揚げが意外とうまかった。

ラーメンの前に豚しょうがご飯が来た!
早速食べてみるとうまい!
無言で口の中に掻き込みたくなるうまさ!

本命のラーメン登場するが丼を運ぶ箸が止まらねぇ…と思ったが意外とすぐに止まりラーメンに移る。
ラーメンのスープは少し甘く作られており、ネギが大量に入っている。
この味はどこかで味わったことがあるなぁと思いだしてみると、西中島に昔あった鴨つけうどんのお店、『鴨けん』のスープの味によく似ている為、懐かしい感じがした。

麺は普通だがチャーシューがかなり美味い。そういえばこの店の周辺にかなり焼肉屋が多かったが、それとこのチャーシューなにか関係があるのかな?と考えてしまうほど。
しかしラーメン自体はそれほど行列に並んで食べるレベルではない気がした。

ラーメンをある程度食べたら店員さんに『ブツをくれ!』といえば薬味がもらえる。
これをかけるとちょっとうまくなる。
このスープにはやはり薬味がよくあう!

運び屋の接客態度やコックの着ている服に感謝の気持ちが色々な言葉で書かてておりなかなかおもしろい。

帰り道で、店に入った時の異常な雰囲気について話したら3人が同じ空気を感じていた。
周辺にある焼肉屋の帰りに締めのラーメン食べに来る客が多いせいで、普段からラーメンを食べ慣れていない客が食べログに高評価をつけてしまうのでは?という結論に至った。
それなら、普段ラーメン屋ではあまり見ることのないおばさん集団の客やゴルフクラブを持った客、ゲロを吐く客の説明がつく。
謎はすべて解けた。

このラーメンの点数
10点満点中/6.9点
この店の総合点数
10点満点中/7.1点

この店は39分になると39サービスと言われている無料のデザートが提供されるが、微妙に時間がずれてしまい今回はそのサービスは受けることはできなかった。
つけ麺が美味そうだったので次回来ることがあればつけ麺を頼みたいと思う。

エイリアン小川の感想・評価

かけ 800円 角煮ごはん 350円
三く かけ
三く 角煮ごはん

ラーメン激戦区の福島駅周辺で人気TOP3に選ばれるほど話題のお店という事もあり、かなり期待しながら入店。

初めての訪問というのもあり一番ベーシックな「かけ」と「角煮ごはん」を注文し、いざ実食!!

一見、見た目は魚粉が目立つ濃厚そうな感じですが、関西人好みの和風だしをベースに魚介の風味が加わったラーメンでかなり優しい味わい。

麺もツルツルのちぢれ麺で麺量も丁度良く、チャーシューも分厚くて食べ応えばっちり!全体的に上品であっさりした味付けで、胃もたれした飲み会終わりの締めラーメンに最適だと思います!

ただ、かなり優しい味わいなので少し物足りない方もいるかもしれません。
そんな時は店員さんに「くすり下さい」と言えば、オリジナルの薬味??を無料で貰えて、ラーメンに振りかけると味に深みが出て味変も楽しむ事ができます。
最初からあった方が良いんじゃね?と思うほど、絶対頼んだ方が良いですww

それぞれのラーメンの種類毎に合う薬味が用意されているようなので何が出てくるかも楽しみの1つかもですね♪

また、人気店というだけあって常に満席、外観と店内共にお洒落で女性客でも入りやすい印象でしたが、、、
ハードルを上げすぎたのかそこまで感動はありませんでした…笑

正直、、並ぶほどかな??wwという感じですww

もちろん800円という価格でボリュームのあるチャーシューとまるで小料理屋のような雰囲気のある内観と丁寧な接客、付き出しといったサービスは魅力的です。

このように「三く」は純粋にラーメンだけで評価を受けているわけではなく、お店の全体的な雰囲気やサービス、システムが人気を呼んでいるのでは?という風に感じました。

でも後一回くらいは行ってみたいかなー??笑

あ、あと角煮ごはんはかなりウマしです!なかなか絶品かと!!是非頼んでみる事をオススメします!

総評 6.5/10点。

ジャスミン茶の評価

【注文した品】
白壺らーめん 780円
三く 白壺らーめん
三く 付き出し
三く 薬
【感想】

福島にあるラーメン屋さん、「三く」に行ってきました。

大阪にあるラーメン屋の中でも美味しくて行列ができると有名だったので期待していってきました。

店に入ると2人待ちだったのでラッキー。

でもその時既に入っている客層が最悪でした。

カップル?らしき男女はお酒を飲んだ後なのか、2人順番にトイレに篭りなかなか出てこない。

メガネをかけたおじさんは、人が待っているのにもかかわらず、ゆーーーーーーーーーーーーーーーーーっくり食べている。

そして自分が食べている時は、並んでいるお客さんに見られている感がある。

といった感じで、店の内装と客を待たせる場所が非常に悪いと感じました。

ラーメンが出て来るのは比較的早い方。

ラーメンはアツアツで出されたので嬉しいけれども、口の中をやけどしました笑

チャーシューは肉厚。
油身が多め。

ラーメンの麺はすこし変わった食感でなかなか良いです。

スープもあっさりしていて美味しい。

入っているネギはゴロゴロしていて、なんだかラーメンというより麺を入れたお鍋を食べている感じでした。

帰りしなは、お店の前にたくさんの人が並んでいました。

【白壺らーめんの点数】
7点。

まぁ普通に美味しいけれど、大阪1というほどではないかも。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。